茶カブキをしました

3月24日(土)に利休忌として「茶カブキ」をしました。茶カブキは、試茶2服、本茶3服の全部で5服の濃茶を飲み茶銘を当てる、いわばゲームのようなもので、表千家7代の「如心斎」が考えた七事式の内の一つです。無庵では、これで3回目の茶カブキで、これまで全部当てた人が2人いて、今回はその2人が参加しての楽しみとなりました。結果、今回は昨年の全部当てたHさんと初の全部当てたFさんの2人となりました。参加者が3名で少なかったのですが、実り多い日でした。一つ当てるだけでも大変なのに、2人も全部当てるとは! お茶もこのように楽しみながらするといいですね。来年も頑張ってください!茶カブキ
スポンサーサイト