京都へ行ってきました

教授のための特別講習会に参加するため7月19、20日と京都へ行ってきました。京都は祇園祭りが終わって一息といった様子でした。数年前に2年続けて祇園祭りに行ったことがあるのですが、ものすごい人にびっくりしました。京都の夏は祇園祭りのためにあるのだなーと感心した記憶があります。
さて、講習会ですが、今回初めて不審庵の御祖堂へお参りしてきました。薄暗い床の間の奥の方に利休さんの像が見えて皆さんありがたく拝んでいました。
その後、講話を経て唐物のお点前になり、不肖私がお点前をいたしました。宗匠から細かくご注意をいただき、家元での稽古を体験してとても勉強になりました。お茶会以外でお点前をするのは初めての経験で、何とか無事に終えられてホッとしました。
京都はあいにくの大雨で、観光もそこそこに帰ってきました。でも、お目当てのお菓子を買うのにぶらぶらし、出町ふたばの豆餅、松屋常磐の味噌松風、亀屋良永の御池煎餅など、一通りゲットし、荷物が重かったこと。ただ、残念なことに、下河原の阿月は昨年閉店してどら焼きが買えなかったのが残念でした。長く続く店もあれば閉店する店もあるのですね。観光はほとんどできなくてもとても収穫のあった京都でした。
スポンサーサイト