スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廻り炭の稽古をしました

24日の土曜日に七事式の一つ、廻り炭をしました。廻り炭は大小の半田を使うので、大量の濡れ灰が要ります。濡れ灰を作ったことがなかったので、道具屋さんの湿し灰(表千家は濡れ灰といいますが、裏千家では湿し灰といいます)の作り方の講習会が22日にあり、早速作ってみました。が、同じように作るのは結構難しく、灰は奥が深いとつくづく思いました。値段が高いのもしょうがないですね。
写真は半田に濡れ灰を入れて巴と筋を描いたところです。巴は結構難しく、NMさんは何回もやり直していました。
私もやってみましたが、うまく行かなく何事も修練ですね。初めての廻り炭で参加した方は炭の継ぎ方が結構上手になりました。大変でしたが、無事に終わりNMさんと二人でホッとしました。P3214108.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。