添え釜をしました

8月7日に添え釜をしました。主催の㈱丸和さんは堺の茶道具屋さんで全国各地で展示会をしています。添え釜は、その会場の一角で掛ける釜のことでミニ茶会と言ってもよいでしょう。ただ、今回は最後の開催となり、震災の影響で閉店するとか。こんなところにも影響が出てきたんですね。閉店セールなのでお安くしますといわれ、前からほしかった真塗りの炉縁を購入しました。
さて、お点前の方はというと前日特訓した成果があり、皆さん何とかお点前はできました。外でのお点前は初めての人が多くて、いつもと違う緊張感があったようです。私の師匠にも来ていただき、お褒めの言葉をいただきました。参加の皆さん、ありがとうございました!
P8053852.jpg
P8053886.jpg

スポンサーサイト

六花山荘に行って来ました

4年ぶりの北海道は、今回も帯広から入りました。夫の故郷の羅臼は中標津か女満別が近いのですが、最近は帯広の北海道ホテルに泊まるのが楽しみで、このところ帯広空港ばかりです。帯広は大好きな六花亭もあって、札幌のように都会ではないですが、好きなところです。今回は着いて早々に寄った「六花の森」も広々として敷地内に川も流れていて、いいところでした。工場の敷地内にあると言ったほうが正しいかも知れません。入場料500円です。
翌日に行った中富良野の六花山荘の昼膳もおいしかったです。ラベンダー畑の上にあるのですが、下の喧騒も聞こえてこなくて、静寂の中にある山荘です。そこでいただいた昼膳ですが、写真ではよくわかりませんが、懐石用の箸を使ってまるで懐石料理をいただいているような感じでした。もちろん内容は全然違いますが、最初の折敷には利休箸で、漬物などの取り回し用の箸も懐石用で、お茶をしている人にしかわからないと思いますが、「わからなくても使うところが、お茶の心なのでは」と思った次第。日経新聞に六花亭の社長は学生時代にお茶を嗜んだと出ていましたので、納得! 少々わかりにくいところにありますが、六花山荘はお勧めです。__.jpg