スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開炉の季節となりました

早いもので、もう11月の稽古が始まりました。茶道では11月の立冬の時期に風炉から炉になります。それまで畳だったところに突然穴(炉)が出現するので、初めて見た人は必ずびっくりします。そしてお点前もがらりと変わるので戸惑う人も多々います。無理もありませんね。炉の最初の稽古は運びと決まっているので、皆さん初心に帰った気分になったのではないでしょうか? 2日のお菓子はすずめやの「くりこもち」にしました。木曾の栗子餅と違って小振りですが、栗の風味が生きていておいしいお菓子でした。ただ、食べにくいのが難点だったようです。
PA313574.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。