スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のお稽古が終わりました

早いもので9月のお稽古が終わってしまいました。暑い夏でしたが、ようやく秋の訪れを感じるようになったこの頃です。21日のお菓子は、地元の板橋の逸品の「喜屋の栗蒸しようかん」にしました。竹皮に包んであり、甘さが控えめで評判も上々でした。それと、和菓子教室に通っているHさんが教室で作った練りきりを2種類持ってきてくれました。「菊」と「落ち葉」でお店で売っているのと遜色ないできばえで、味も「おいしい!」と試食したM君が言ってました。Hさんには頑張って和菓子のエキスパートになってほしいですね!
P9193496.jpg
P9193497.jpg
P9193498.jpg
スポンサーサイト

柿傳のマナー教室に行ってきました

昨日の日曜日、「柿傳」の初心者向けのマナー教室に参加しました。http://www.kakiden.com/ 「柿傳」は、京都に本店がある表千家御用の料理屋さんですが、京都と違ってお店でいただくことができます。しかも、新宿駅直結と言ってもいいくらい便利なところにあります。今回は約2年ぶりでしたが、6人のうち4人が初体験でした。本格的な茶懐石は準備が大変なので、ちゃんと茶事教室を行う先生は少ないですが、ここは作法を知らなくても教えてくれるので、連れて行くほうも楽です。時間は大体2時間で、通常の茶事の約半分ですが、足のためにはちょうどよい時間です。中立ちと炭点前、濃茶はなく薄茶だけです。お店のひとのお点前もあるのでちょっとしたお茶会気分です。写真を撮るのを忘れてしまったので、お見せできないのが残念ですが、どれも美しく盛りつけられていて、参考になります。味ももちろんおいしいです。素人ではなかなかあの味は出せないでしょう、当たり前ですが。久しぶりに懐石料理をいただいて、そろそろ茶事教室もいいかなと思った一日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。