スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月20日のお菓子

4月20日のお菓子は、浅草の満願堂の「芋きん」でした。初めての人もいて食べてみて想像していたのと違ってたみたいです。食べるのも楊枝を使う人やそのまま手で食べるひとなどさまざまで、結局手で食べた方が食べやすいようでした。薄茶用のお菓子は蕎麦板とねんりん家のバームクーヘンで、それぞれ好評でした。おいしいお菓子を食べると皆幸せような顔をしますね。買いに行った甲斐があるというものです。今週末はお茶会に参加する人が多くて、皆さん着物をどうしようかと悩んでいて、それも楽しそうです。野点席があるので、晴れますように!
P4183319.jpg
スポンサーサイト

4月の稽古が始まりました

4月のお稽古が始まりました。4月は、例年旅箪笥と吊り釜の取り合わせにしています。炉の五徳をはずして天井から鎖をたらし雲竜釜を吊るのですが、初めての人もいてびっくりしています。お釜がゆらゆらゆれて風情がありますが、なれないと蓋が取りにくくて皆さん困っているみたいです。でも、今月だけですからね。旅箪笥は利休が秀吉の小田原攻めのときに紐をかけて従軍したと言うと、へえーッと驚いています。来月からはもう風炉なので、炉の季節も終わりです。なかなかできない炭点前もやろうと思っています。お菓子は帰省土産のソバ饅頭でしたが、写真を取り忘れました。代りにCさんのスキー土産の栗入りどら焼きの写真をどうぞ。栗が一粒丸ごと入っていてずっしり重いのですが、味は意外とあっさりでおいしかったです。Cさん、ありがとう!P4072088.jpg
P4072089.jpg
P4053257.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。