FC2ブログ

今週の茶花

6月に稽古を再開してからあっという間の3週間が経ちました。茶花

最後の週の茶花はアジサイと捩花です。小振りのアジサイは茶花にふさわしく、好評でした。
スポンサーサイト



稽古を再開しました

茶碗
4月の第1週の稽古の直後、緊急事態宣言が出されたのを受けて稽古をお休みしていましたが、2か月振りに再開しました。その間、季節は炉から風炉になり、久しぶりの風炉の点前に戸惑いも見られましたが、すぐに思い出したようで、ほっとしています。お休みの間、何をしていたの?と聞いたら、読書、片付けといったおうちの中でのことやエアのお稽古、ずっと出勤だったという人もいて、さまざまでした。
この秋に茶会を予定していましたが、会場を仮予約していた新宿御苑から連絡があり、当分の間公開しているのは、外の部分だけとのことで、開催は来年にすることにしました。いたし方ありません。
いつも道具をお願いしているいとうやさんに新宿御苑の模様の茶碗を注文していて、ちょうど出来上がってきたので、早速使ってみると胴に御苑の大温室の絵、見込みに楽しんでいる人がたくさん描かれていて、なんとも楽しい雰囲気です。
来年の楽しみにすることにしましょう! でも、みんな元気で戻ってきて一安心でした。

初釜が無事終わりました

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、1月14日(月)、第11回の初釜を無事終えることができました。亡き先生と合同のを含めると
12回を数え、感慨深いものがあります。お蔭様で茶会も3回催し、多少入れ替わりはありましたが、皆さんベテランの領域に入ってきた感があります。しみじみ続けてこられてよかったという思いでいっぱいです。
昨年は、お茶会の時にちょうど映画「日日是好日」が上映中で、お茶会に合わせて急いで見に行きました。見た人も多く、話が弾みました。最後に初釜のシーンがあり、続けることの大切さを樹木希林が言っていたことを思い出しました。いい映画でした。初釜



続きを読む »

今年も教会のお茶会に行ってきました

5月26日(土)に、毎年参加している春日部福音自由教会のチャリティ茶会に行ってきました。今年で21回を数えるそうです。行けなかった年もありますが、すでに10回近く行っているような気がします。今回は久しぶりの春(初夏?)の開催で、お天気もよくお茶会日和でした。昨年秋の開催では雨で、野点席の席主が無念そうでした……。
今回の野点席は教会の高橋牧師が席主で、旅箪笥に釣り釜と先月の稽古でしたばかりの組み合わせでした。牧師さんのお話はいつもながら面白くかつためになり、今話題になっている「嘘をつくことの愚かさ」について大変納得した次第です。来た甲斐がありました。
待ち時間に開催される講演は春日部のお茶屋さん「おづつみ園」の社長尾堤宏氏の「お茶の健康パワー」のお話を聞いてお茶の効用を改めて確認しました。茶会

今回は、3席しか回れませんでしたが、予定より早く終わり、お約束の上尾の「茶懐石ほまれ」に行くのも1時間以上早く着くことになりました。いつもながらおいしいお料理とお寿司で、大満足の1日でした!

茶カブキをしました

3月24日(土)に利休忌として「茶カブキ」をしました。茶カブキは、試茶2服、本茶3服の全部で5服の濃茶を飲み茶銘を当てる、いわばゲームのようなもので、表千家7代の「如心斎」が考えた七事式の内の一つです。無庵では、これで3回目の茶カブキで、これまで全部当てた人が2人いて、今回はその2人が参加しての楽しみとなりました。結果、今回は昨年の全部当てたHさんと初の全部当てたFさんの2人となりました。参加者が3名で少なかったのですが、実り多い日でした。一つ当てるだけでも大変なのに、2人も全部当てるとは! お茶もこのように楽しみながらするといいですね。来年も頑張ってください!茶カブキ